大きなビル

フランスのアパート購入の手続き

フランスのパリ郊外に夫と子どもの3人で住んでいます。
子どもが生まれたのを機に、それまで夫の母の住居を間借りしていたのですが転居を考えました。
最初は賃貸を含めてアパートを探していたのですが、話し合った結果、賃貸だと今後また引っ越しを考えた時に手元にお金が何も残らないから、少し狭くても購入しよう、ということになり、希望より一部屋少ないアパートを購入しました。
こういう考えは割と一般的で、手の届く範囲でアパートを購入、数年住んでもっと大きな住居を探し、手持ちのアパート(ローンは途中ですが)を転売する、という人は多いようです。
ちなみに我が家はリビング、寝室、キッチン、バスルーム(トイレ込み)という間取りです。
日本では賃貸のアパートにしか住んだことがないので、比較できませんが、購入してから入居までの手続きがなかなか面倒でした。
例えば、ローンを組めるのは普通預金のある銀行ではなく、住宅ローン専門に扱っている銀行に登録、専門家(住居の専門書類)に法的にわたしたちが購入、何年でローンを支払うかなどをまとめた書類を作ってもらう、それらすべてにサインする、それも数か月前から予約を取って…など。
すべて本人でないといけなかったので、当時1歳の子どもを連れては大変でした。

オススメ記事

よい部屋にはよい不動産

部屋を探す時にもっとも重要なのがよい不動産にあたるかどうかだと思います。 以前、部屋を探しているときに色々な不動産を訪ねまわったのです…

もっと読む

気軽に生活を楽しめる賃貸生活

親元から離れて、独り暮らしを始めたとき、いずれはこのまま賃貸か夢のマイホームかの選択を考えることは少なからずあると思います。 なんとな…

もっと読む

コンテンツ

2017/08/21

家を建てるなら…

前職で宅地建物取引主任者をしてました。土地を買うところから家が完成するまでを何十棟も見てきた中で、もし私が家を建てるとしたら何をこだわり何をこだわらないかご紹介したいと思います。 【こだわるところ】 (1)ユニットバス・キッチン キッチン・お風呂は高くても良いものにしたいです。何…

2017/08/21

フランスのアパート購入の手続き

フランスのパリ郊外に夫と子どもの3人で住んでいます。 子どもが生まれたのを機に、それまで夫の母の住居を間借りしていたのですが転居を考えました。 最初は賃貸を含めてアパートを探していたのですが、話し合った結果、賃貸だと今後また引っ越しを考えた時に手元にお金が何も残らないから、少し狭くても購入しよう、ということになり、希…